iconics
eラーニングサービス

気管支喘息ー最新の治療ー

「小児気管支喘息」を、ヴァーチャル診療を通して理解するコンテンツです。ドクターと患者さんの会話から、患者さんの質問に答える形でデータをふんだんに使用し解説していきます。
執筆・監修 東京慈恵会医科大学・小児科
勝沼 俊雄 先生

■︎ 第1章 問診

  • 1-1 問診〜ダイアログ1
    • 1-1-1 発作時の発作発症の経緯
    • 1-1-2 ウイルス感染と喘息の発症
    • 1-1-3 ライノウイルスとRSウイルスの関与時期
    • 1-1-4 夜間、明け方に発作が多い訳
  • 1-2 問診〜ダイアログ2
    • 1-2-1 非発作時の問診
    • 1-2-2 他のアレルギーとの相関
    • 1-2-3 アトピー素因の遺伝子
    • 1-2-4 遺伝子〜ADAM33
    • 1-2-5 抗原一覧
  • 1-3 問診〜ダイアログ3
    • 1-3-1 気管支喘息の病態
    • 1-3-2 小児の喘息における炎症(1)
    • 1-3-3 小児の喘息における炎症(2)
    • 1-3-4 ニュージーランド・コホート
    • 1-3-5 統計資料〜アレルギー体質
  • 1-4 問診〜疫学
    • 1-4-1 喘息患者の動向
    • 1-4-2 喘息の重症化度

■︎ 第2章 診察

  • 2-1 診察〜ダイアログ1
    • 2-1-1 全体の観察
    • 2-1-2 呼吸困難の診察
    • 2-1-3 聴診
    • 2-1-4 感染症、他のアレルギー疾患

■︎ 第3章 検査

  • 3-1 検査〜ダイアログ1
    • 3-1-1 一般的な検査
    • 3-1-2 呼吸機能検査
    • 3-1-3 小児の喘息検査
    • 3-1-4 NO測定の意義
    • 3-1-5 ロイコトリエン測定の意義(1)
    • 3-1-6 ロイコトリエン測定の意義(2)
  • 3-2 検査〜ダイアログ2 気道過敏性試験
    • 3-2-1 気道過敏性試験
    • 3-2-2 運動負荷試験の意義
    • 3-2-3 血液検査
    • 3-2-4 血液検査表の見方
    • 3-2-5 抗原吸入喘息モデル
    • 3-2-6 IgE
    • 3-2-7 好酸球
  • 3-3 検査〜ダイアログ3
    • 3-3-1 胸部X線写真・副腎皮質機能検査
    • 3-3-2 気道炎症・狭窄の好発部位
    • 3-3-3 酸素飽和度モニター

■︎ 第4章 診断

  • 4-1 診断〜ダイアログ1
    • 4-1-1 検査結果からの診断
    • 4-1-2 発作の程度の判定基準
    • 4-1-3 各検査数値からの診断
    • 4-1-4 喘息呼吸機能モデル
    • 4-1-5 喘息診断インデックス
  • 4-2 診断〜ダイアログ2
    • 4-2-1 気道の炎症とリモデリング
    • 4-2-2 気道リモデリング
    • 4-2-3 小児におけるリモデリングのデータ
    • 4-2-4 小児におけるリモデリングの検査
  • 4-3 診断〜ダイアログ3
    • 4-3-1 鑑別診断

■︎ 第5章 治療

  • 5-1 治療〜ダイアログ1
    • 5-1-1 喘息のガイドライン/発作時と非発作時
    • 5-1-2 喘息のガイドライン/発作時
    • 5-1-3 喘息のガイドライン/非発作時
    • 5-1-4 家庭での対応
  • 5-2 治療〜ダイアログ2
    • 5-2-1 気管支拡張薬による治療
    • 5-2-2 長時間作用型吸入β2刺激薬の上乗せ効果
    • 5-2-3 テオフィリン薬の抗炎症効果(1)
    • 5-2-4 テオフィリン薬の抗炎症効果(2)
    • 5-2-5 テオフィリン薬の副作用
  • 5-3 治療〜ダイアログ3
    • 5-3-1 吸入ステロイド薬〜効果的使用法
    • 5-3-2 吸入ステロイド薬の副作用(1)
    • 5-3-3 吸入ステロイド薬の副作用(2)
    • 5-3-4 吸入ステロイド薬における低用量の意義
    • 5-3-5 吸入ステロイド薬のリモデリングに対する効果(1)
    • 5-3-6 吸入ステロイド薬のリモデリングに対する効果(2)
  • 5-4 治療〜ダイアログ4
    • 5-4-1 ロイコトリエン拮抗薬
    • 5-4-2 ロイコトリエン拮抗薬の効果(1)
    • 5-4-3 ロイコトリエン拮抗薬の効果(2)
    • 5-4-4 薬物併用療法
  • 5-5 治療〜ダイアログ5
    • 5-5-1 early intervention
    • 5-5-2 環境整備
    • 5-5-3 ダニ対策の効果
  • 5-6 治療〜ダイアログ6
    • 5-6-1 水かぶりの効果
    • 5-6-2 運動時の発作予防
    • 5-6-3 日常の指導〜ピークフロー
  • 5-7 治療〜ダイアログ7
    • 5-7-1 思春期喘息
    • 5-7-2 寛解への道
    • 5-7-3 喘息治療の未来展望(1)
    • 5-7-4 喘息治療の未来展望(2)
    • 5-7-5 抗ライノウイルス薬

■︎ 別売 気管支喘息の機序

  • *1 気管支喘息発症の機序
  • *2 IgEとアレルギー
    • *2-1 IgEの産生(1)
    • *2-2 IgEの産生(2)
    • *2-3 IgEの構造
      • *2-3-1 Igのクラススイッチ
  • *3-3 マスト細胞
    • *3-1 マスト細胞とIgE
      • *3-1-1 マスト細胞内のシグナル伝達〜脱顆粒
      • *3-1-2 マスト細胞内のシグナル伝達〜サイトカインの産生
      • *3-1-3 マスト細胞内のシグナル伝達〜アラキドン酸系
    • *3-2 マスト細胞から遊離、放出される物質
  • *4 好酸球
  • *5 サイトカイン
    • *5-1 ケモカイン
  • *6 Th細胞
    • *6-1 2つのTh細胞サブセット
      • *6-1-1 Th1とTh2の拮抗的働き
    • *6-2 Th1/Th2に発現するケモカインセプターと細胞の組織移行
    • *6-3 Th1/Th2不均衡とアレルギー疾患
    • *6-4 制御性T細胞
  • *7 炎症のメディエーター
    • *7-1 ヒスタミン
    • *7-2 トロンボキサン
    • *7-3 プロスタグランジン
    • *7-4 ロイコトリエン
      • *7-4-1 システイニール・ロイコトリエン
      • *7-4-2 ロイコトリエンB4
    • *7-5 一酸化窒素
    • *8 気道上皮細胞
    • *9 気道平滑筋
  • サンプル動画をご覧いただくには、ADOBE Flash Playerが必要です。
    再生されない場合には、Flash Playerをダウンロードとインストールしてください。
    Get Flash Player
  • 推奨ブラウザー:Internet Explorer 6.0以上